最終更新日 2006年11月2日 up top

Fedora CoreでPostfixとDovecotでPOP before SMTP

Pop-before-smtpを使ってFedora CoreでPostfixとDovecotでPOP before SMTPする方法です。 Pop-before-smtpはPerlベースなので速度は期待できませんが、インストール方法が簡単そうでした。 他の方法としてはDRACがあります。

Fedora Core 2でインストールしましたが、それ以降でも問題なさそうです。

インストール

  1. Pop-before-smtpDownloadから本体をダウンロードします[保存]。 これを書いている時点での最新はpop-before-smtp-1.41.tar.gzです。
  2. 適当なところで展開します。
    # tar xvfz pop-before-smtp-1.41.tar.gz
    
  3. 設定ファイルや実行ファイルをコピーします。デフォルト超大好きなのでデフォルトの位置で。
    # cd pop-before-smtp-1.41/
    # cp pop-before-smtp.init /etc/rc.d/init.d/pop-before-smtp
    # cp pop-before-smtp /usr/sbin/
    # cp pop-before-smtp-conf.pl /etc
    
  4. pop-before-smtp-conf.plを書き換えます。まず、FC2のデフォルトのメールログは/var/log/maillogなので#を外し、有効化します。
    #$file_tail{'name'} = '/var/log/maillog';
    
  5. 次にDovecotを使うので、Dovecot用のメールログの正規表現を有効化します。
    # For Dovecot POP3/IMAP when using syslog.
    #$pat = '^[LOGTIME] \S+ (?:dovecot: )?(?:imap|pop3)-login: ' .
    #    'Login: .*? (?:\[|rip=)[:f]*(\d+\.\d+\.\d+\.\d+)[],]';
    #$out_pat = '^[LOGTIME] \S+ (?:dovecot: )?(?:imap|pop3)-login: ' .
    #    'Disconnected.*? (?:\[|rip=)[:f]*(\d+\.\d+\.\d+\.\d+)[],]';
    
  6. 最後に、PostfixでBerkeleyDBを使うので、そこの部分を有効化します。 該当部分の=cutを削ってください。
    =cut #====================== Postfix BerkeleyDB =======================START=
    # If you comment-out (or remove) the two surrounding =cut lines, we'll use
    # BerkeleyDB instead of DB_File.
    
    use BerkeleyDB;
    
    #$mynet_func = \&mynet_postfix; # Use the default
    $tie_func = \&tie_BerkeleyDB;
    $sync_func = \&sync_BerkeleyDB;
    $flock = 0;
    
    my $dbh;
    
    # We must tie the global %db using the global $dbfile.  Also sets $dbh for
    # our sync function.
    sub tie_BerkeleyDB
    {
        $dbh = tie %db,'BerkeleyDB::Hash',-Filename=>"$dbfile.db",-Flags=>DB_CREATE
    	or die "$0: cannot dbopen $dbfile: $!\n";
    }
    
    sub sync_BerkeleyDB
    {
        $dbh->db_sync and die "$0: sync $dbfile: $!\n";
    }
    =cut #====================== Postfix BerkeleyDB =========================END=
    
  7. Pop-before-smtpで使うPerlモジュールをインストールします。
    # perl -MCPAN -e shell
    cpan> install Time::HiRes
    cpan> install File::Tail
    cpan> install Date::Parse
    cpan> install Net::Netmask
    cpan> install BerkeleyDB
    
  8. Postfixのmain.cfに下の記述を追加し、reloadします。
    # vi /etc/postfix/main.cf
    
    smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,reject_non_fqdn_recipient,
          check_client_access hash:/etc/postfix/pop-before-smtp,
          reject_unauth_destination
    
    # postfix reload
    
  9. リブート時に起動するように、
    # chkconfig pop-before-smtp on
    
  10. Pop-before-smtpを起動します。
    # /etc/init.d/pop-before-smtp start
    
    www.000webhost.com